スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊症の原因

不妊症の女性側の原因は約5割で、
男性側が約3割、その他の原因不明が約2割といわれています。


< 女性が原因のケース >
女性の不妊症の原因のほとんどの場合は、
子宮内の血液の循環が悪く血液がスムーズに流れていません。
ホルモンの分泌が悪く、大きくて立派な卵子が成長しないことが多いようです。
また、黄体の機能が悪いため子宮内膜の状態が悪く、
せっかくの受精卵が子宮内膜に着床しにくくなっています。



排卵因子
排卵に導くホルモンの分泌が不調。排卵がおこらない。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS):卵巣で卵胞がうまく発育しない。若い女性に最近多い。
LUF:卵胞の破裂が起こらない。

卵管因子
卵管が閉塞しているなどで、卵子が取り込まれない。
受精、分割の環境が不良などの機能不全も含まれる。

着床因子
子宮内膜の不良。
黄体機能不全、子宮筋腫、内膜ポリープ、子宮腺筋症。

頚管因子(頚管=子宮の入り口)
精子が子宮管内に入らない。頚管粘液の不良。ヒューナーテスト不良。
抗精子抗体(免疫的に精子を殺す抗体)陽性。

子宮内膜症
子宮内膜組織が子宮内宮以外にできる。
不妊症、月経痛、性交痛の主な原因と見られ、不妊女性に高い確立で認められるが、子宮内膜症でも妊娠することがあるので、本当に不妊の「原因」なのかどうかはまだはっきりとわかっていない。

年齢因子
卵子、子宮の老化。30歳を超えると年に数%ずつ機能が下がり、35歳以上になると急に下がる。特に卵子の老化が注目される。

< 男性が原因のケース >
男性の不妊症の原因のほとんどが精子の数が少ないか、または元気がない場合です。まれに無精子症があります。

無料でもらえる!不妊を乗り越えたママたちの

実体験からできた、強力な子宝BOOK


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ



スポンサーサイト

不妊症とは

不妊症とは、
避妊をせずに夫婦生活を続けたのに、
2年以上経過しても妊娠しない場合をいいます。
一般的に避妊をしていないと2年間の間に約9割の夫婦が妊娠するといわれるため、
不妊症であるかどうかは2年を目安に判断しています。
過去に妊娠の経験がないものを原発性不妊、
妊娠したことはあるがその後2年以上妊娠しない場合を続発性不妊と言います。

不妊症は女性だけとは限りません。
男性不妊
は増加傾 向にあり、その比率は現在、1:1の割合といわれています。



不妊治療施設

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ




妊娠後期(8~10か月)の母体と胎児

妊娠後期は胎児の成長がもっとも急速です。
そのぶん母体への負担が大きくなり、動悸や食欲不振も招きやすくなります。
分娩に備えてリラックスを心がけ、心穏やかに過ごしましょう。

赤ちゃんは。。
妊娠後期になると、胎児は身長が伸びて体重も増え、急速に成長します。
皮下脂肪や筋肉がつき、爪、毛髪なども生えそろい、
ひとりの人間としていつでも母体から出られる準備が整います。





ママは。。
この時期は、いつ出産しても大丈夫なように母体が出産準備に入ります。
胎児も成長しておなかも大きく張り出しますので、
無理をすると体力的にも大きな負担になります。
安全な出産のためにも、ゆったりとリラックスして過ごすようにしましょう。

<妊娠8ヵ月>
子宮底はみぞおちの下ぐらいまで高くなり、食後などに胃を圧迫して、むかつきや食べ物のつかえを感じるようになります。
おなかの周りに縦に赤い水ぶくれのような妊娠線もできはじめ、
乳輪が大きくなり、乳頭も黒ずんで、母乳がしみ出たりすることもあります。


<妊娠9ヵ月>
子宮底がさらに上がってきて、胃だけでなく心臓や肺なども圧迫されるため、
息苦しくなったり動悸がします。
また食欲もなくなります。むくみや体重増加が気になる人は、糖分や塩分を控え、
体重が不必要に増えすぎないようにしましょう。


<妊娠10ヵ月>
子宮底が下がり、胃、心臓、肺の圧迫が緩和され、食欲も戻り、息苦しさもやわらぎます。
分娩が近づくと、子宮が下におりると同時におなかの出っ張りも下がります。
このため、膀胱の刺激による尿意が頻繁になります。
いよいよ分娩を待つ体勢になります。






にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

妊娠中期(5~7カ月)の母体と胎児

胎児も母体も比較的安定する時期へ。
胎児は音の区別がつき、ママの声も聞き分けられるようになります。
脳の働きも活発で手足を動かして盛んにアピール。
いよいよ胎動を感じはじめます。
おなかの赤ちゃんの成長を感じながらじっくり準備を進められる時期ですね。

体の形成も終えて安定期に入ると、胎児には毛や爪、しわが見られるようになります。
手足を活発に動かすようすがおなかの外から分かりますし、
胎児の心音も直接聞けるようになります。





つわりも一段落する安定期は、ママにとっても体調が安定し比較的楽に過ごせる時期といえます。
運動不足にならないようにマタニティスイミングやヨガなど、
ストレスにならない程度に刺激を受けるようにしましょう。
また胎児が急速に成長する時期なので、
体が重い、だるい、おなかが張るようなときは、ゆっくり休んで体調を整えることも大切です。


<妊娠5ヵ月>
子宮底はおへその下あたりまで達して、子宮は大人の頭ぐらいになり、胎動も感じ始めます。
おなかのふくらみも外から見てわかるようになり、乳房も大きくなります。
体重が増えはじめ、腰や背中が痛むことも。
必要に応じてガードルなどを着用し、おなかまわりをサポートしましょう。
日本では、5ヵ月目の戌(いぬ)の日に「腹帯」をつけてお祝いする習慣があります。

<妊娠6ヵ月>
子宮底はおへその上ぐらいまで達して、子宮は1.5kgぐらいの重さに。
下腹部のふくらみも目立ちはじめ、胎児の動きも活発になります。
乳房もさらに大きくなり、乳頭が敏感になります。
おっぱいはお手入れしすぎると、おなかの張りを促すこともあるので、
乳頭を清潔に保つくらいで十分です。


<妊娠7ヵ月>
子宮底の高さはおへその上4cmぐらいまでに達し、おなかは前にも上にも突き出します。
おなかに手を当てると、胎児の動きとともに頭や足の位置が外側からわかるようになります。
ママの体重も増えるので、腰痛やおなかの張りなどに注意しましょう。
また、疲れたら休養を十分にとり、塩分を控えて貧血予防するのも大事です。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ




妊娠初期(1~4ヵ月)の母体と胎児

妊娠1~4ヵ月(0~15週)の胎児は、
妊娠4週目頃で脊髄、脳、視覚、聴覚、心臓、消化器官などが分化します。
8週目頃から手足が発達しはじめて、人間らしい体になります。
4ヵ月になると心臓をふくめ内蔵も完成し、男女の区別もできあがります。


母体はおなか周りなど外見的には目立った変化はありませんが、
ホルモンバランスが崩れて体温も高くなるので、
体調が変化したり、早い人では2ヵ月ぐらいからつわりがはじまります。

<妊娠1~2ヵ月>
まだ妊娠に気づくほどの変化はないですが、
2ヵ月になると通常はタマゴ大の子宮が倍ぐらいになります。
早いで人はつわりが始まる場合も。

<妊娠3ヵ月>
子宮は徐々に大きくなり握りこぶし大に。
周囲の泌尿器が圧迫されて便秘や頻尿になることもあります。
腰痛や腹痛が起こる場合もあるので、
体調不良を感じたら念のためかかりつけの産婦人科へ。

<妊娠4ヵ月>
おなかに手を当てると膨らみがわかるように。
つわりは治まりはじめて、少しずつ乳房が大きくなります。

オシャレな妊婦服ならここ 出産後も着れるオシャレな妊婦服。30日以内なら返品・交換自由。


肩と首のスッキリピロー

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ



プロフィール

♡♡♡

Author:♡♡♡
結婚5年
べビ待ち中の主婦
医療関係者です









カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。