スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受精のメカニズム

排卵された卵は、卵管に入り、子宮へと進みます。
途中、卵管の入り口付近で一時待機し、精子がやってくるのを待ちます。
一方の精子は、膣、子宮口を通って、自力で卵管にやってきます。
卵管まで上がってきた精子は、卵と出会います。
卵の大きさはこのときまだ0.2mm程度。
卵のまわりに群がることのできるのは、数百万個の精子のうちたった60個程度です。
その約60個の精子のうち、1個だけが卵に突入します。
先体で卵膜を破り、核だけが中に滑り込み、体部が入ると、ほかの精子が入り込めないように卵膜を閉じてしまいます。そして卵と一体となった精子の尾部がとれ、受精が完了します。




にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ


スポンサーサイト

受精から着床まで

受精卵の着床時期とは一体いつなのでしょうか。
無事に受精出来ると、受精卵は7日~10日後にめでたく子宮内膜に着床することになるのです。
着床が完了するのは受精から9~13日と言われていますが、個人差があります。
受精卵が着床すると、
hCG( ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)
という名前のホルモンが作られ始めます。
このhCGは普通、着床してから初めて体の中でつくられ、
この分泌量は日に日に増えてきますが、
増えるスピードにも個人差があるので、
妊娠検査薬に反応する時期も違いがみられます。
また着床すると、下腹部の痛みや出血といった症状があらわれることもあります。





にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
ご協力お願いします

「赤ちゃんがなかなか授からない」とお悩みなら




プロフィール

♡♡♡

Author:♡♡♡
結婚5年
べビ待ち中の主婦
医療関係者です









カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。