スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊症の原因

不妊症の女性側の原因は約5割で、
男性側が約3割、その他の原因不明が約2割といわれています。


< 女性が原因のケース >
女性の不妊症の原因のほとんどの場合は、
子宮内の血液の循環が悪く血液がスムーズに流れていません。
ホルモンの分泌が悪く、大きくて立派な卵子が成長しないことが多いようです。
また、黄体の機能が悪いため子宮内膜の状態が悪く、
せっかくの受精卵が子宮内膜に着床しにくくなっています。



排卵因子
排卵に導くホルモンの分泌が不調。排卵がおこらない。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS):卵巣で卵胞がうまく発育しない。若い女性に最近多い。
LUF:卵胞の破裂が起こらない。

卵管因子
卵管が閉塞しているなどで、卵子が取り込まれない。
受精、分割の環境が不良などの機能不全も含まれる。

着床因子
子宮内膜の不良。
黄体機能不全、子宮筋腫、内膜ポリープ、子宮腺筋症。

頚管因子(頚管=子宮の入り口)
精子が子宮管内に入らない。頚管粘液の不良。ヒューナーテスト不良。
抗精子抗体(免疫的に精子を殺す抗体)陽性。

子宮内膜症
子宮内膜組織が子宮内宮以外にできる。
不妊症、月経痛、性交痛の主な原因と見られ、不妊女性に高い確立で認められるが、子宮内膜症でも妊娠することがあるので、本当に不妊の「原因」なのかどうかはまだはっきりとわかっていない。

年齢因子
卵子、子宮の老化。30歳を超えると年に数%ずつ機能が下がり、35歳以上になると急に下がる。特に卵子の老化が注目される。

< 男性が原因のケース >
男性の不妊症の原因のほとんどが精子の数が少ないか、または元気がない場合です。まれに無精子症があります。

無料でもらえる!不妊を乗り越えたママたちの

実体験からできた、強力な子宝BOOK


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ



スポンサーサイト

不妊症とは

不妊症とは、
避妊をせずに夫婦生活を続けたのに、
2年以上経過しても妊娠しない場合をいいます。
一般的に避妊をしていないと2年間の間に約9割の夫婦が妊娠するといわれるため、
不妊症であるかどうかは2年を目安に判断しています。
過去に妊娠の経験がないものを原発性不妊、
妊娠したことはあるがその後2年以上妊娠しない場合を続発性不妊と言います。

不妊症は女性だけとは限りません。
男性不妊
は増加傾 向にあり、その比率は現在、1:1の割合といわれています。



不妊治療施設

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ




プロフィール

♡♡♡

Author:♡♡♡
結婚5年
べビ待ち中の主婦
医療関係者です









カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。