スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠線の予防

妊娠・育児の悩みはピジョンで解決!

妊娠線をつくらないようにするには、
まずは妊娠中に急激に体重を増やさないようにすることです。
妊娠中は食欲にまかせて食べすぎないように、
お腹の赤ちゃんの成長に必要な、8~10kg程度の体重増加にとどめるように努めましょう。
食事はバランスよく、まずお腹の赤ちゃんの成長に必要な栄養素をしっかり摂りましょう。
しかし、太らないようにと極端に油分を抜いたりすると皮脂の分泌が悪くなって、肌トラブルを起こしやすくなります。また、便秘予防のために食物繊維も豊富に摂りましょう。妊娠中は女性ホルモンの分泌も急激に変化するので、肌トラブルを起こす人もいます赤ちゃんのためにも自分のためにも、バランスのいい食事で、なるべくたくさんの種類の食品を摂るようにしましょう。         
                                 

         
皮膚が乾燥すると、弾力性や伸縮性が失われ、妊娠線ができやすくなります。
また、皮膚の乾燥によって、かゆみや湿疹、感染なども起こしやすくなり、かゆみを我慢できずに、掻きむしったりすると、よけいに皮膚が刺激されて傷つき、弾力性をどんどん失ってしまいます。
悪循環を止めるためにも、保湿力を高めるローションなどを塗って、妊娠線ができやすいお腹や太もも、乳房付近をマッサージし、皮膚をやわらかい状態に保っておくようにしましょう。
また、皮下にたまりがちな老廃物を血液とともに運び出し、皮膚に新しい栄養が運ばれるように体を動かして血行を促進しましょう。ウォーキングや家事などの軽い運動がおすすめです。
ただし、汗をかいたらこまめに拭いて、保湿クリームを塗りなおしましょう
さらに、妊娠中はホルモン分泌が急激に変化して肌トラブルを起こしやすいので、
敏感肌やアトピー肌など、ふだんから肌トラブルを抱えている人は、
妊娠線対策について産科の主治医や皮膚科の医師に相談しておきましょう。




にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ






スポンサーサイト

妊娠線ってどんなの?

妊娠線とは。。。

妊娠して、急激にに太ったり、お腹の赤ちゃんが大きくなると、それに合わせてお腹や太もも、
乳房付近の皮膚も、急ピッチで伸びなければなりません。
しかし皮膚が、お腹や胸の膨らみに追いつけないと、皮膚の下にある皮下組織に亀裂が入って、
妊娠線、肉割れと呼ばれる線ができてしまいます。


妊娠線が最もできやすい時期は、
お腹の赤ちゃんが急に大きくなり始める妊娠20週ぐらいから出産直前までです。
妊婦さんによっては、赤ちゃんの成長とは関係なく、
つわりが終わる妊娠15週前後から、
食欲を抑えきれずに体重が増えすぎて妊娠線ができることもあります。





妊娠線ができやすいのは、急激に体重が増えて腹囲が大きくなった人、
加齢や日焼けなどによって肌が老化している人、
もともと皮下脂肪が多くて皮膚の弾力性が少ない人、
小柄なのに妊娠中にお腹が比較的大きくなった人、
2人目、3人目などの経産婦さん、
双子など多胎児妊娠の場合、お腹の赤ちゃんが大きい人などです。

エスティーナソニック

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ




子宮外妊娠

子宮外妊娠は、本来胎児が育つはずの子宮以外の場所に着床し、
成長を始めてしまう状態です。
早期発見して適切な処置をとらないと、
あらゆる症状を引き起こし母体へのダメージは大きくなってしまいます。





<子宮外妊娠の種類>

最も多いのが卵管内で着床してしまう「卵管妊娠」で、その中でも卵管の入り口部分の「卵管膨大部妊娠」が多いようです。
ごくまれに、子宮の下側の「頸管妊娠」や腹腔内に着床する「腹腔妊娠」があります。卵管は子宮と異なり非常に狭いので、胎児が育ちにくく、放置すると卵管内で流産したり、卵管が破裂して大量出血し、母体が危険にさらされるおそれがあります。



<子宮外妊娠の原因、経過と症状>

子宮外妊娠の原因は、卵管が詰まっていたり細くなっていたりして、
受精卵が卵管を通過できず、子宮にたどり着く前にどこかで着床してしまうことが多いようです。
そして、受精卵が正しく子宮に着床されないと、早期の流産を招くことになります。
月経が遅れたうえに少量の出血が続き、下腹部から肛門にかけて痛みも伴います。
また、卵管内に着床したままの受精卵が成長を続けると、卵管が破裂し、腹腔内に出血を起こして貧血、めまい、脈拍低下、血圧低下、嘔吐、ショック症状などを起こします。

<子宮外妊娠の診断と処置方法>

まず、超音波によって正常な位置(子宮内)に受精卵が着床しているかを診断します。
早期に発見し、出血性のショックなどを起こさないようにすることが大切なので、
妊娠がわかってからも、おりものの色や出血には十分な注意が必要です。
子宮外妊娠の診断が出ると、
手術で開腹し、着床、妊娠した卵管を取り除く処置をとることが一般的です。

なかなか寝つけないとき


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ



プロフィール

♡♡♡

Author:♡♡♡
結婚5年
べビ待ち中の主婦
医療関係者です









カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。