スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎体温表の見方

基礎体温をつけていると、最初のうちは線がガクガクで、
毎日毎日上がった下がったとドキドキするものですが、
3か月ほどつけているうちに測るポイントがつかめてきます。
どんなに生理周期が規則正しくて、ホルモンバランスが良い人でも
キレイなお手本グラフにはなりません。
実際婦人科の先生は、細かくグラフを見ずに、
遠目で低温・高温の相に分かれているか周期はどのくらいかというのを見ます。
毎日を追って表を見るのではなく、全体をとおして表を見るようにしましょう。
そうすればガタガタの原因を見直して、
生活を整え、妊娠しやすい体づくりに役立てることができます。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ


そして大切なのが、体温が2相に分かれ、排卵があるかどうか。
高温期がしっかりあるか、といった妊娠の準備できているかのチェックです。
また自分の排卵期を理解することによって、仲良しのタイミングにも役立ちます。

スポンサーサイト

基礎体温表をつける

基礎体温を測ったら、表に記録していきます。
基礎体温表は、婦人体温計を売っているところや婦人科の病院などでもらったり、
インターネットでダウンロードすることができますので、自分の記録しやすい表をつかいましょう。

まずはその日測った体温をつけ、前日のものと線を結んで表にしていきます。
このとき、体温だけでなく、自分の体調や性交・生理なども記録しておくと、
婦人科での診察もスムーズです。




たとえば飲酒や寝不足・ストレスなどは体温に影響しやすいので、
基礎体温と照らし合わせて、自分の生活習慣を見直すことができます。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

基礎体温を測る





基礎体温を正しく測るには・・・
まず用意するのは
・基礎体温表(婦人科でもらう、ネットでダウンロード、手帳も売っています)
・婦人体温計(口で測るので電子体温計が割れにくくて○)
基礎体温は0.3~0.5度Cの微妙な変化をみていくので、
普通の体温計では対応できません。

測る時間帯で一番適しているのは、朝目覚めたときです。
できれば4時間連続して睡眠できたときに測れるとより正確です。
毎日同じ時間に、目覚めたままの状態(布団の中にいるまま)で測ります。
同じ時間に測れない場合は、その日目覚めたときでかまいません。
また旅行などで測れなくても気にせずに、測れる日に記録しましょう。
寝起きで測るので、寝ぼけて体温を忘れてしまうこともあります。
メモなどを体温計と一緒に用意してもいいでしょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ




プロフィール

♡♡♡

Author:♡♡♡
結婚5年
べビ待ち中の主婦
医療関係者です









カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。