スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排卵日とタイミング

排卵日には、何らかの体の変化を感じる人もいるようです。
下腹部の違和感や、チクチクとした痛み、唾液がネバネバする、
少量の出血やおりものの変化・・・もちろん人それぞれで、
まったく症状のない人もたくさんいます。
妊娠を考えている人は、排卵日に合わせて仲良しのタイミングをとられると思いますが、
基礎体温とこうした体の症状だけではなかなかタイミングがはかれず・・
気持ちだけ焦ってしまうなんていうこともあるかもしれません。

婦人科の医師に基礎体温表を見せ、排卵期が近づいたら
超音波検査で卵胞をチェックしてもらうのもひとつですが。。
まだ病院はちょっとという方は
市販の排卵検査薬やおりものチェックという方法もあります。
排卵期には子宮の入り口の粘液が、精子をむかえやすいようにアルカリ性に変化します。
そうすると、おりものは透明で糸を引くくらい粘度が高くなります。
自分でお風呂などで、良く洗った手で膣の奥のおりものをとって粘り気を確かめるのもひとつの方法です。
または唾液で調べる市販の排卵検査薬もあります。
いずれにしても、排卵日を「この日」と特定できるわけではありませんし、
たとえ排卵日当日にタイミングをとっても、必ず妊娠できるというわけでもありません。

自分の排卵周期を知るために自分に合った方法を組み合わせて、
リラックスして仲良しのタイミングをとれるようにしたいですね。
【無料プレゼント】話題の子授けBOOK

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ



スポンサーサイト

基礎体温からわかる排卵日

基礎体温表で一番体温が下がった日が
排卵日・・・
これは正解でも不正解でもありません。
実際に医師が超音波検査で卵胞をみてみると、
最低体温日と排卵が一致しないケースというのは珍しくありません。
基礎体温だけでは、高温になっていれば排卵があったというのがわかる程度で、
排卵日を特定するのは難しいのです。
最低体温日、高温期への移行日、高温期の初日など
排卵の可能性がある時=排卵期を知るため、
またほかの検査と合わせて排卵を知ることができる補助的な役割として
基礎体温表をとらえてください。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ





プロフィール

♡♡♡

Author:♡♡♡
結婚5年
べビ待ち中の主婦
医療関係者です









カテゴリ
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。